ウィーンの新王宮(Neue Burg)
2017/09/01

ウィーンの王宮は、13世紀より増改築を繰り返してきたが、1860年代後半にさらに
大規模な新王宮の建設プランが立てられた。
今日の英雄広場(Heldenplatz)には2つの騎馬像がある。
当初、オイゲン公の騎馬像とカール大公騎馬像の背後にそれぞれ向かい合って左右対象に
新王宮が建てられる予定であった。しかし、財政難や第1次世界大戦の勃発、
更には帝国の崩壊等の事情によりオイゲン公騎馬像側の宮殿の完成でストップすることとなった。
新王宮内にも様々な博物館が入っている。
*国立図書館(National Bibliothek)
新王宮の正面入り口を入ってつきあたり。
(旅行者の方はご注意下さい。こちらはウィーン市民の利用する国立図書館です)
世界一美しいと言われる歴史的な宮廷付属図書館プルンクザールはヨーゼフ広場側に
あります
開館時間:祝日を除く毎日 9:00〜21:00
利用料金:利用は基本的にID登録が必要。1日有効の1回チケット3ユーロもある
*パピルス博物館(Papyrusmuseum)
国立図書館の受付をぬけて左手に入口あり。
古代エジプトの貴重な300点ものパピルスのコレクションがある。
開館時間:祝日を除く毎日 10:00〜18:00 木曜のみ21:00まで
入場料:4ユーロ(パピルス博物館は地球儀博物館,エスペラント博物館と共通コンビ券)
*古楽器,宮廷狩猟-武器甲冑コレクションとエフェソス博物館(Sammlung alter Musikinstrumente und die Hofjagd-Rustkammer/Ephesos Museum)
新王宮の正面入り口を入って右手にチケット窓口がある。
ハプスブルク家所有の楽器はもちろん、ウィーンで活躍した作曲家が愛用した楽器の展示もある。
また15世紀から20世紀初頭までのハプスブルグ帝国の武具甲冑のコレクションの他、
古代ローマ時代のアジアの中心地であったエフェソス(今日のトルコ)の遺跡からの出土品や
彫像のある博物館も併設されている。
開館時間:水曜~日曜 10:00~18:00 (閉館の30分前まで入館可)
入場料:15ユーロ (美術史博物館と共通)
*ウィーン世界博物館 (Weltmuseum Wien)
現在改装工事中。予定では2017年秋に再オープン。
(かつて新王宮の右翼コールドロジにあった民俗学博物館が世界博物館として生まれ変わる予定)

ウィーンの王宮(HOFBURG)③
2017/08/08

* アルベルティ―ナ美術館(Albertina)
女帝マリアテレジアの娘クリスティーネ公女とその夫アルベルト公が
居住したことが名称の由来。
美術館としては素描、版画、近代絵画の世界的コレクションで知られる。
とりわけA.デューラーの1502年に描かれた水彩画の『野うさぎ』は名画として名高い。
建物は美術館として使用されている展示室と
ハプスブルク皇族が居住した豪華な部屋から成る。(チケットは共通)
入口はオペラ座後方の観光案内所もある広場側、チケット窓口は2階にあるので
エスカレーターまたは大階段で上がる。
開館時間:毎日 10:00〜18:00 水曜のみ21:00まで
入場料: 12.90ユーロ

*オーストリア フィルム博物館(Oesterreichsches Filmmuseum)
アルベルティ―ナ美術館のとなりにある。
オーストリア国内はもちろん、戦前の貴重な記録フィルムやポスター、
世界中の様々な映画フィルムなどの収集も行っている。
映画館として機能しており、毎日様々な映画が日替わりで上映されているため
地元の映画好きの人は年間チケットを購入している。
1回券もあり10.50ユーロから
プログラム及びインフォメーションはこちら↓

https://www.filmmuseum.at(ドイツ語と英語のみ)

次回はウィーンの新王宮(Neue Burg)についてご案内いたします

ウィーンの王宮( HOFBURG)②
2017/07/01

* アウグスティーナー教会 (Augstinerkirche)
1327年と教会の歴史は古く、宮廷付属教会として54人のハプスブルク皇族の心臓が
安置されていることで知られている。
また、マリアテレジアのお気に入りの娘であるクリスティーネ公女の墓石は必見である。
シシーの結婚式は1854年この教会で行われた。
教会の入口は皇帝ヨーゼフ2世の銅像のあるヨーゼフ広場に面している。
オープン時間:下記の時間帯に無料で見学できるがミサの場合は見学不可
月曜    7:30〜17:30
火曜/木曜 7:30〜19:00
水曜/金曜 7:30〜18:00
土曜/日曜 8:30〜19:30
ロレット礼拝堂(Loretokapelle und Herzgruft):皇族の心臓が安置されている礼拝堂
ガイドツアーでのみ見学できるが予約が必要 TEL:(01)533 7099

* 国立図書館/宮廷付属図書館プルンクサール(National Bibliothek Prunksaal)
1501年〜1850年の歴史的な20万冊の蔵書があり、フィッシャーvエアラッハによる
バロック様式の内装は世界一美しい図書館と言われている。
開館時間: 6月〜9月 毎日 10:00〜18:00 木曜のみ21:00まで
              10月〜5月 火曜〜日曜 10:00〜18:00まで
      料金:7ユーロ

* スペイン式乗馬学校(Spanische Hofreitschule)
統制された軍隊と同じように、セレモニー等で馬も美しいギャロップを
見せるられるよう、16世頃からそのための馬術が発展していったのが起源。
王宮のミヒャエル門をくぐって左手にチケット&インフォメーションの窓口がある。
年間公演回数は少ない。
しかし朝の調教やガイドツアーが連日ある。
ガイドツアーと公演チケットはホームページ(ドイツ語と英語のみ)でも予約ができる
www.srs.at
朝の調教(Morgenarbeit):大抵10:00~ 
チケット:窓口で購入 15ユーロ
ガイドツアー:大抵午後14:00/15:00/16:00の3回 18ユーロ
上記2つのお得なコンビチケット Ticket Plusは31ユーロ

ウィーンの王宮(HOFBURG)①
2017/06/09

13世紀ころバーベンベルク家のレオポルト6世により築城が始まり、
その後ハプスブルグ家により増改築が繰り返され今日の規模に至る。
おおまかに分類すると、旧市街側の正門、ミヒャエル門のある18世紀までに
建てられた王宮と、リング通り側の19世紀に建てられたブルク門のある
新王宮(Neue Burg)とから成る。
それぞれに様々な博物館が入っている。

※シシー博物館/皇帝の部屋/銀器博物館
(Sisi Museum/Kaiserappartements/Silberkammer)

上記の3博物館は共通のチケット
1階は宮廷で使用された銀食器の博物館、2階は皇妃エリザベート(シシー)の
生涯に関する詳しい展示と皇帝の住んだ豪華な部屋が見学できる。
ミヒャエル門をくぐってすぐ右手がチケット売り場。
料金:12ユーロ90セント
開館時間:
毎日 9:00〜17:30(入場は16:30まで)
7月と8月は毎日 9:00〜18:00(入場は17:00まで)

※王宮の宝物館(Kaiserliche Schatzkammer Wien)
ミヒャエル門をくぐって中庭に出ると、左手に茶色の門がある。
スイス門と呼ばれるこの門をくぐると、更に小さな中庭があり右手奥が入口。
ハプスブルク家の手中にあった神聖ローマ帝国の王冠をはじめ皇帝の財権力を
うかがい知ることができる。
料金:12ユーロ
開館時間:
水曜から月曜 9:00〜17:30(入場は17:00まで可)
火曜日休館

※宮廷付属礼拝堂(Hofkapelle)
入口は、上記中庭の宝物館手前にある階段を上がったところ。
この教会が有名なのは、ミサであのウィーン少年合唱団が歌い、
オーケストラはウィーンフィルのメンバーによるホフムジークカペレが
演奏するのが伝統となっていること。
オープン時間:
月曜と火曜日 10:00〜14:00
金曜日    10:00〜13:00
いずれも無料
水曜/木曜/日曜/祝日及び不定期にレコーデイングが行われる際は入場不可
(音響が素晴らしい礼拝堂なので、しばしばCD等の録音がなされる)
ウィーン少年合唱団の歌うミサ:チケットは礼拝堂かオペラ座横の
国立劇場チケットセンター(Operngasse2番地)で購入可
ミサ開始は大抵日曜の9:15から
立ち見席のみ無料で8:30から入場できるが、早朝から並ぶこととなる。

ベルヴェデーレ宮殿②
2017/05/06

ベルヴェデーレ宮殿&ベルヴェデーレ博物館(Belvedere Museum Wien)

オイゲン公の冬の宮殿(Winterpalais)
ベルヴェデーレ宮殿はオイゲン公の夏の離宮だが、冬を過ごした宮殿が旧市街にある。
旧市街の目抜き通りで、歩行者天国となっているケルントナー通りの中程の脇道、
ヒンメルプフォルト通り(Himmelpfortgasse)8番地。
ベルヴェデーレ宮殿より規模は小さいが豪華絢爛な部屋の数々は一見の価値がある。
博物館としての公開は2017年10月末までの予定なので必見!
開館時間:毎日 10:00から18:00 料金:9ユーロ

21er ハウス(21er Haus)
ベルヴェデーレ宮殿上宮正門の向いにあるシュヴァイツァー公園内
(ウィーン3区アーセナル通り1番地)
ベルヴェデーレ博物館の別館として2011年にオープン。
こちらは現代美術をメインに展示している美術館。
開館時間:水曜 11:00〜21:00
木曜〜日曜及び祝日 11:00〜18:00
月曜/火曜日休館

☆ベルヴェデーレミュージアムのお得なコンビチケット(KOMBI-TICKET)
※クリムトチケット(Klimt Ticket)
ベルヴェデーレ宮殿上宮/下宮 20ユーロ
※プリンツ・オイゲンチケット(Prinz Eugen Ticket)
上宮/下宮/冬の宮殿 26ユーロ
※4コンビチケット (4er Kombi-Ticket)
上宮/下宮/冬の宮殿/21erHaus 29ユーロ
※3コンビチケット(3er Kombi-Ticket)
上宮/下宮/21erHaus 23ユーロ

ベルヴェデーレ宮殿&ベルヴェデーレ博物館
2017/04/06

ベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere)
ベルヴェデーレ博物館(Belvedere Museum)

 バロック時代にハプスブルク皇帝家に仕えたオイゲン・フォン・サヴォイエン候の
 夏の離宮として建てられた宮殿。
 オイゲン公の居住した下宮とレプレゼンテーション用に、庭園を挟んで丘の上に
 建てられた上宮とから成る。下宮の横にはオランジェリーもある。
 オイゲン公は、軍人として数々の戦いでオーストリアに有利な戦勝をもたらし、
 その功績により莫大な財を築いた。
 しかし、跡取りが無かったことからその資産は後にハプスブルク家へ渡る事となる。
※ベルヴェデーレ宮殿上宮(Oberes Belvedere)
 オーストリアギャラリーと称し美術館として使用されている。
 19世紀末のオーストリアの画家クリムトやシーレ他、
 モネなどフランス印象派などの近代美術の世界的コレクションを誇る。
 とりわけG・クリムト作の『接吻』は世界中からの観光客を魅了し大変有名。
 開館時間:毎日10:00〜18:00 料金:14ユーロ(上宮のみ)
※ベルヴェデーレ宮殿下宮(Unteres Belvedere)
 オイゲン公の居住した下宮は、豪華な黄金の鏡の間が見られる他、
 オランジェリーと共に特別展などに使用されている。
 かつてのオイゲン公専用馬の厩舎だった箇所では宗教画などの中世コレクションが展示されている。
 開館時間:毎日10:00~18:00(水曜のみ21:00まで)
 中世コレクション(Prunkstall)は12:00まで
 料金:12ユーロ(下宮/オランジェリー/中世コレクション) 
※ベルヴェデーレ宮殿庭園(Garten)
 見事な花壇や噴水もあるフランス式のバロック庭園。
 上宮のある丘の上からは市内のシュテファン大聖堂や郊外のカーレンベルクなどの山並みも見える。
 開園時間:4月1日から10月31日 6:30から
      11月1日から3月31日 7:00から
      料金:無料
 閉園時間はだいたい日没なので季節によって異なる。
 詳しくは下記のサイトで
http://www.bmlfuw.gv.at/ministerium/bundesgaerten/parkoeffnungszeiten/oeffnungszeiten_wien.html

ウィーン美術史博物館と自然史博物館
2017/03/01

ウィーン美術史博物館と自然史博物館
(Kunsthistorisches Museum & Naturhistorisches Museum Wien)

*美術史博物館
マリア・テレジア像のある広場に自然史博物館と対に建っている1881年完成の美術館
世界屈指のコレクションを誇る
開館時間
6月から8月 毎日 10:00〜18:00/木曜のみ21:00まで
但しコインコレクション(Muenzkabinett)は10:00〜18:00まで
9月から5月 火曜〜日曜 10:00〜18:00/木曜のみ21:00まで
コインコレクション(Muenzkabinett)10:00〜18:00まで
月曜休館
いずれも閉館時間の30分前まで入館可
料金:15ユーロ(オーディオガイド利用は別途4ユーロかかる)
代表的なコレクション
フェルメール作 画家のアトリエ
ラファエロ作 草原の聖母
デューラー作 皇帝マキシミリアン1世
ベラスケス作 青いドレスのマルガリータ王女
ブリューゲル作 バベルの塔、雪中の狩人、農民の婚礼、農民の踊り
など他多数 

*自然史博物館
美術史博物館の向いにある建物
自然史がテーマの博物館で、動植物及び昆虫の標本や鉱物、恐竜化石などの古代の貴重な展示もある
中でも、考古学の分野で重要な出土品であるヴィレンドルフのヴィーナスは有名
開館時間
水曜日 9:00~21:00
木曜から月曜 9:00~18:30
(いずれも閉館の30分前まで入館可)
火曜休館
料金:10ユーロ(オーディオガイド利用は別途4ユーロかかる)

シュテファン大聖堂(Domkirche St.Stephan zu Wien)
2017/02/15

街の中心に位置し、しばしばウィーンの魂とも呼ばれる教会。
13世紀ころから建築され始め、増改築を繰り返し今日に至る。
2001年にユネスコ世界遺産に登録された。

*教会のオープン時間
       月曜~土曜/6:00~22:00 
       日曜と祝日/7:00~22:00 
       無料
*教会の内陣
       有料でオーディオガイド付きで見学出来る(ミサの場合は不可)
       見所はA.ピルグラム作の説教台やT.ポックの祭壇画など多数
       月曜~土曜/8:30~11:30 13:00~17:30 
       日曜と祝日/13:00~17:30 8ユーロ
            /オーディオガイドなしは6ユーロ
*教会のガイドツアー(Domfuehrung)
       所要時間約30分 料金5.50ユーロ
       毎日15:00から(ドイツ語)
       月曜~土曜 10:30から(英語)
*地下墓地カタコンベのガイドツアー(Katakombenfuehrungen)
       所要時間約30分
       歴代の司教の棺やハプスブルグ王朝の内臓が保管されている地下を見学
       中世にペストで命をおとした人々の人骨もあるホラーなツアー
       月曜~土曜 10:00~11:30 13:30~16:30
       日曜と祝日 13:30~16:30
       教会正面入口を入り左側面の前方祭壇寄りに集合場所の看板と
       ツアー開始時間が出る
       料金5.50ユーロ (通常ツアー終了時に支払う)
*南塔 シュテッフェル(Suedturm/Steffel-Turmbesteigung)
       市民から『シュテッフェル』の愛称で親しまれている
       136.4mの南塔は343段の螺旋階段で72mの高さまで登ることができる
       入口は教会内ではなく外側の南塔下
       毎日 9:00〜17:30 料金4.50ユーロ
*北塔とプンメリン (Nordturm/Aufzug zur Pummerin)
       南塔より低い北塔68.3mはエレベーターで 上ることができる
       プンメリンと呼ばれる鐘を真近に見ることが可能
       毎日 9:00〜17:30 料金5.50ユーロ
       入口は教会内(正面入り口を入り左側側面に案内表示がある)

2017年 オーストリアの祝祭日
2017/01/03

(オーストリアの祝日には年によって変わる移動祝祭日があります.)
1月1日 Neujahr 新年(元旦)
1月6日 Heilige Dreikoenig 公現祭(東方3博士の訪問と礼拝にちなむ日)
イースター Ostersonntag(移動祝祭日:復活祭 2017年は4月16日)
イースター月曜日 Ostermontag(移動祝祭日:復活祭 2017年は4月17日)
5月1日 Staatsfeiertag(メーデー:労働者の日)
昇天祭 ChristiHimmelfahrt(移動祭日:復活祭から39日目 復活後のキリストの昇天を記念2017年は5月25日)
聖霊降臨祭 Pfingstmontag(移動祝祭日:復活祭から50日目キリストの昇天後に祈っていた信徒たちに聖霊が降り、彼らの言葉によりさらに洗礼を受ける者が増えた出来事に由来する 2017年は6月5日)
聖体祭 Fronleichnam(移動祝祭日:復活祭から60日目 キリストの聖体と血をあがめる祝日 2017年は6月15日)
8月15日 Mariae Himmelfahrt 聖母の被昇天(聖母マリアが天に召された記念日)
10月26日 Nationalfeiertag ナショナルデー(建国記念日)
11日1日 Allerheiligen 万聖節(聖人と殉教者の日)
12月8日 Mariae Empfaengnis 無原罪の御宿り(聖母マリアの無原罪懐胎)
12月25日 Christtag クリスマス
12月26日 Stefanitag 聖シュテファンの日(キリスト教最初の殉教者とされるステファノの記念日)

2017年のウィーンでの主なイベント予定
2016/12/15

1月1日 ウィーンフィルハーモニーのニューイヤーコンサート
1月19日 楽友協会でのウィーンフィルハーモニー舞踏会
1月24日~3月12日 アイスドリーム 市庁舎前広場にスケートリンクが特設
2月23日 オペラ座舞踏会
4月23日 ウィーンマラソン
4月イースター前 市内主な広場でのイースターマーケット
5月12日~5月14日 市立公園のグルメフェスティバル
5月12日~約5週間 音楽や舞台芸術のウィーン芸術週間
5月25日 シェーンブルン庭園でのウィーンフィルの無料のサマーコンサート
6月10日 エイズ撲滅運動及び同性愛者の祭典 ライフバル
6月末 ドナウ川の人工島でのミュージックイヴェント ドナウインゼルフェスト
6月28~7月10日 JAZZフェスティバル
7月~8月 約4週間国際的な舞踏家が集う イムプルスダンスフェスティヴァル
7月~8月 市庁舎前広場での音楽フィルムフェスティヴァル
7月28~8月6日 ドナウインゼルでビーチバレー世界選手権
9月21日~10月8日 プラーター公園でのオクトーバーフェスト
11月12日~12月26日 市内の主要な広場でのクリスマスマーケット

因みに2017年は…
* バロック時代の女帝マリア・テレジアは5月13日に生誕300年を迎えます。
これを記念して様々な博物館で特別展が予定されています。
* 150年前の2月15日 シュトラウスのワルツ美しく青きドナウが初演されました。
* フランドル画家ルーベンスは生誕440年となります。
10月17日から美術史博物館では特別展が開催されます。
* ウィーン市内のキューブ型公共時計が最初に設置されてから110年となります。
* シェーンブルン動物園のきりんエリアが3倍に拡張され再オープンします。
* 新王宮の民俗学博物館が秋にウィーン世界博物館として新装開館予定 など…