ウィーン美術アカデミーと軍事史博物館
2018/05/04

この2つの博物館に共通しているのは、楽友協会で有名な、19世紀末のウィーンに多くの名建築を残したテオフィル・フォン・ハンセンによる設計であること。
博物館の展示品はもちろん、建物自体の素晴らしさも是非堪能していただきたい。

ウィーン美術アカデミー(Akademie der Bildenden Kuenste Wien)
18世紀に宮廷画家の教育機関として設立された帝国美術アカデミーが前身。
19世紀に今日の美術大学としての体制が整った。
若き日のA.ヒトラーはこの学校の試験に失敗し、その後ミュンヘンで政治活動を行うようになる。
ところで、この美術アカデミーには付属の美術館絵画ギャラリー(Gemaelde Galerie)があり、ヴァンダイクやヴァルトミュラーなどの名画のコレクションを保有している。
中でもヒエロニムス・ボッシュの祭壇画、最後の審判はハイライトである。
この絵画を目当てに訪れる方も多い。
開館時間:毎日10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
入場料金:12ユーロ

オーストリア軍事史博物館 (Herresgesichtliches Museum)
オーストリア帝国時代に、アーセナル(軍需品の開発や製造,保管を行っていた)の
敷地内に建築家ハンセンの設計により武器博物館として1856年に建てられた。
現在はオーストリアの軍事に関する展示や武具が見学でき、時代ごとに戦争の歴史を
知ることができる。
とりわけ有名なのは、第一次世界大戦の引き金となったサラエヴォ事件(オーストリア皇太子が暗殺された)時にフェルディナンド大公夫妻の乗っていた車の展示である。
また、至る所にオーストリア帝国の名将の彫像の配置された建物は一見の価値があり
ハンセンの素晴らしい建築を実感できるに違いない。
開館時間:毎日9:00〜17:00
入場料金:6ユーロ