ウィーンの王宮(HOFBURG)①
2017/06/09

13世紀ころバーベンベルク家のレオポルト6世により築城が始まり、
その後ハプスブルグ家により増改築が繰り返され今日の規模に至る。
おおまかに分類すると、旧市街側の正門、ミヒャエル門のある18世紀までに
建てられた王宮と、リング通り側の19世紀に建てられたブルク門のある
新王宮(Neue Burg)とから成る。
それぞれに様々な博物館が入っている。

※シシー博物館/皇帝の部屋/銀器博物館
(Sisi Museum/Kaiserappartements/Silberkammer)

上記の3博物館は共通のチケット
1階は宮廷で使用された銀食器の博物館、2階は皇妃エリザベート(シシー)の
生涯に関する詳しい展示と皇帝の住んだ豪華な部屋が見学できる。
ミヒャエル門をくぐってすぐ右手がチケット売り場。
料金:12ユーロ90セント
開館時間:
毎日 9:00〜17:30(入場は16:30まで)
7月と8月は毎日 9:00〜18:00(入場は17:00まで)

※王宮の宝物館(Kaiserliche Schatzkammer Wien)
ミヒャエル門をくぐって中庭に出ると、左手に茶色の門がある。
スイス門と呼ばれるこの門をくぐると、更に小さな中庭があり右手奥が入口。
ハプスブルク家の手中にあった神聖ローマ帝国の王冠をはじめ皇帝の財権力を
うかがい知ることができる。
料金:12ユーロ
開館時間:
水曜から月曜 9:00〜17:30(入場は17:00まで可)
火曜日休館

※宮廷付属礼拝堂(Hofkapelle)
入口は、上記中庭の宝物館手前にある階段を上がったところ。
この教会が有名なのは、ミサであのウィーン少年合唱団が歌い、
オーケストラはウィーンフィルのメンバーによるホフムジークカペレが
演奏するのが伝統となっていること。
オープン時間:
月曜と火曜日 10:00〜14:00
金曜日    10:00〜13:00
いずれも無料
水曜/木曜/日曜/祝日及び不定期にレコーデイングが行われる際は入場不可
(音響が素晴らしい礼拝堂なので、しばしばCD等の録音がなされる)
ウィーン少年合唱団の歌うミサ:チケットは礼拝堂かオペラ座横の
国立劇場チケットセンター(Operngasse2番地)で購入可
ミサ開始は大抵日曜の9:15から
立ち見席のみ無料で8:30から入場できるが、早朝から並ぶこととなる。